目の下のクマ

クマが出来る原因と治療

たるみ

目の下のクマが出来る主な原因として、寝不足や眼精疲労が挙げられる事が多いです。 目の下の皮膚はとても薄く、疲れが溜まったり血行が悪くなると黒ずんだ色になってしまうのです。 規則正しい生活習慣を心がけて血行不良を改善していくことが、根本的な治療に繋がるでしょう。 他にも、たるみやへこみと色素沈着が原因となることもあるようです。 紫外線、乾燥、摩擦など、お肌に刺激が加わる事でメラニン色素が沈着し、クマになってしまうのです。 マッサージやコラーゲンを摂取すること、化粧品で美白効果を得る事で解消される事もありますが、ヒアルロン酸の注射や、美容レーザー治療でクマを治す方法も今、話題となり、注目を集めているのです。

レーザーで治療するには

目の下のクマの解消方法の一つに、皮膚科や美容整形外科で行われているレーザー治療というものがあります。 目の下のたるみや下まぶたのふくらみがクマを目立たせるのです。 コラーゲンを生成する細胞にレーザー照射し活性化するとコラーゲンの生成が増加し、たるみがなくなるのです。 下まぶたのふくらみには、レーザー治療でふくらみを除去するといった手術方法があるのです。 マッサージや化粧品を試しても効果がないと感じているならば、一度病院でのレーザー治療を受ける事を念頭におくのもいいでしょう。 ただし、クマの治療には保険が効かないので、費用や料金は病院によって大きく異なってくるでしょう。 あらかじめ、病院で医師に治療内容と必要な予算について相談する事が必要です。